パテントマップの活用、マップ化、情報分析セミナー・知的財産戦略セミナー[パテントテック社]

セミナー番号:2013ys05 【開催終了】

 パテントテック社では特許情報、科学技術情報を分析し視覚化(パテントマップ)して特定技術の動向
調査分析報告書を提供しております。
 パテントテック社では、
  「活用セミナー」・・情報の分析、マップ化、活用方法等のテクニックについて、
  「戦略セミナー」・・知的財産の創造、保護、活用方法等の運用について、
等さまざまな分野の経験者をお招きしてセミナーを継続的に開催致しております。
今回は「活用セミナー」のご案内です。ご参加をお待ち申し上げます。
「特許情報の分析・活用」セミナー <第3回目>
講師 スマートワークス株式会社 代表取締役 酒井 美里 氏
開催日 2013/11/15(金)  13:00 〜 17:00
会場 東京都千代田区神田佐久間町1-14 第2東ビル606号
PAT-T606会議室

会場地図はこちら
受講料(税別) 有料/ 1名につき28,000円(資料付)別途、消費税相当額と合わせてご入金いただきます。
定員 25名

【プログラム No.1】

テーマ <13:15 〜 16:30>
『特許情報検索テクニックの極意とプロのサーチ技術』

講師

スマートワークス株式会社 代表取締役 酒井 美里 氏

  ■講師紹介

  酒井 美里(さかい みさと)

  1991. 奈良女子大学卒業
       セイコーエプソン株式会社、エプソンインテリジェンス株式会社を経て、
  2005. スマートワークス株式会社設立
  2007. 特許検索競技大会優勝
  2008. 特許検索競技大会実行委員会、電気・機械WGリーダーを担当
       代行特許検索と検索講習会をはじめとするサーチャー教育に従事

 代行特許検索では日本特許、外国特許調査(米国・欧州・韓国・中国等)において年間約150件を
 超える豊富な経験を有しており、サーチャー教育では企業知財部・研究者を対象に年間数十回の
 講習会・講演を実施。さらには、書籍・論文等の執筆など、多岐にわたって活躍

<主要著書>
★「日本でできる韓国特許調査」(情報科学技術協会)
★「特許調査入門」 (発明協会)


講義概要
企業の知的財産に関する活動は、単に創出された発明の権利化を図るのみではなく、事業戦略・経営戦略
の段階から研究開発テーマの企画、事業化までのすべての段階において知的財産を意識するべきである、と
言われて久しい。各企業が事業戦略や経営戦略を意識しつつ、知的財産戦略を構築・実行する中で注目され
ているのが特許情報の分析・活用である。
近年は技術の進歩により、高機能な情報解析ツールが提供されるようにもなり、特許情報分析はより身近
なものとなってきた。しかしながら、解析ツールが高機能化しても分析対象の母集団が適切でなければ、誤っ
た結論を導き出す恐れもあるだろう。
本講演では、特許情報分析の手順と検索テクニックの両面から、実務経験に基づいて解説を行う。


1.特許情報分析の手順

 1.1 特許情報分析の代表例
 1.2 マクロ分析とミクロ分析
 1.3 非特許情報の主要な情報源
 1.4 分析結果妥当性の簡易評価

2.解析母集団作成のテクニック

 2.1 マクロ分析の母集団作成基本テクニック
 2.2 マクロ分析向けのTIPs(小技)とNG集
 2.3 ミクロ分析の母集団作成基本テクニック
 2.4 ミクロ分析向けのTIPs(小技)とNG集
 2.5 海外特許分析の母集団作成について

3.特許情報分析の事例

 3.1 例-1 競合2社の比較
 3.2 例-2 次世代製品の開発状況推定
 3.3 例-3 時系列から変化を読み取る


<ご案内>「特許情報の分析・活用」セミナー も今回で3回目を迎えることができました。
パテントテック社では、今後も継続して企画実施してまいりますのでご期待ください。
※セミナーのテーマ、講師等のご要望がございましたら、お申込みフォームの「通信欄」に
お書き添えをお願いいたします。