★提携会社 書籍のご案内

book

『EXシリーズ』

kviewer

機械学習によるパターン識別と画像認識への応用


定価 ¥ 49,500(税込)
販売価格 ¥ 49,500(税込)
商品番号:dt0015
ISBN:


下記から目次項目単位を選択し、購入目次を設定願います。

■販売者:パテントテック社

■出版社:株式会社トリケップス
■資料体裁:B5判、104頁
*Octave/MATLABサンプルプログラム付
■発刊日:2013年6月21日

数量
送料無料


◆執筆者

鷲沢嘉一(わしざわよしかず)
 電気通信大学 大学院情報理工学研究科 情報・通信工学専攻 助教(工学博士)
 独立行政法人理化学研究所 客員研究員
 <学歴> 2002年  名古屋工業大学 工学部 電気情報工学科 卒業
      2004年  東京工業大学 大学院理工学研究科 電気電子工学専攻 修士課程 修了
      2008年  東京工業大学 大学院理工学研究科 国際開発工学専攻 博士課程 修了
 <職歴> 2004年4月~2004年9月  株式会社東芝
      2004年10月~2005年2月  東芝ソリューション株式会社
      2005年4月~2005年7月  日本学術振興会 特別研究員
      2005年8月~2008年3月  独立行政法人理化学研究所 リサーチアソシエイト
      2008年4月~2011年8月  独立行政法人理化学研究所 研究員
      2012年4月~現在   電気通信大学 大学院情報理工学研究科 情報・通信工学専攻 助教

田中聡久(たなかとしひさ)
 東京農工大学 大学院工学研究院 先端電気電子部門 准教授(工学博士)
 独立行政法人理化学研究所 客員研究員
 <学歴> 1997年  東京工業大学 工学部 電気・電子工学科 卒業
      2000年  東京工業大学 大学院理工学研究科 電気電子工学専攻 修士課程 修了
      2002年  東京工業大学 大学院理工学研究科 国際開発工学専攻 博士後期課程 修了
 <職歴>  2000年4月~2002年3月  日本学術振興会 特別研究員(DC)(受入機関:東京工業大学)
      2002年4月~2002年9月  日本学術振興会 特別研究員(PD)(受入機関:東京工業大学)
      2002年10月~2003年9月  理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
      2003年10月~2004年3月  独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
      2004年4月~2006年3月  東京農工大学 大学院共生科学技術研究部  講師
      2006年4月~現在   大学院工学研究院 先端電気電子部門 准教授





第1章 序論
 1.1 はじめに
 1.2 パターン識別の流れ
  1.2.1 識別器の構成
 1.3 画像認識のための特徴抽出法
  1.3.1 画像の表現とフィルタ
  1.3.2 平滑化と勾配
  1.3.3 局所画像特徴量

第2章 パラメトリック学習とBayes決定則
 2.1 確率と正規分布
  2.1.1 確率の基礎
  2.1.2 正規分布
 2.2 Bayes決定則
  2.2.1 2クラス識別におけるBayes識別
  2.2.2 損失の一般化
  2.2.3 ナイーブBayes識別
  2.2.4 正規分布を仮定したBayes識別
 2.3 正則化と数値計算
  2.3.1 事後確率の計算方法
  2.3.2 Cholesky分解
  2.3.3 数値計算例
  2.3.4 悪条件と正則化
  2.3.5 分散共分散行列の固有値と正則化
  2.3.6 有限標本による固有値の偏り
  2.3.7 数値計算例
 2.4 統計的推定
  2.4.1 最ゆう推定
  2.4.2 モデル選択
 2.5 パーセプトロンモデル~一次識別器~
  2.5.1 Widrow-Hoff則
  2.5.2 Fisherの線形識別
  2.5.3 サポートベクタマシン(SVM)
 2.6 部分空間法~二次識別器~
  2.6.1 主成分分析
  2.6.2 CLAFIC
  2.6.3 カーネル主成分分析

第3章 パーセプトロンモデル~1 次識別器
 3.1 パーセプトロンモデル
 3.2 Widrow-Hoff 則
 3.3 Fisher の線形識別
 3.4 サポートベクタマシン(SVM) 傍識別
  3.4.1 線形SVM
  3.4.2 非線形(カーネル)SVM
  3.4.3 ソフトマージン

第4章 部分空間法~2 次識別器
 4.1 主成分分析
 4.2 CLAFIC
 4.3 カーネル主成分分析
  4.3.1 再生核Hilbert 空間での主成分分析
  4.3.2 部分カーネル主成分分析定

第5章 その他の識別器
 5.1 k近傍識別
  5.1.1 テンプレートマッチング
  5.1.2 Mahalanobis 距離とFukunaga-Koontz 変換
 5.2 Adaboost
  5.2.1 数値計算例
 5.3 ハイパーパラメータの推定

第6章 付録-線形代数及び数値計算の解説-
 6.1 分散共分散行列の求め方
 6.2 Cholesky 分解による対数正規確率密度の計算
 6.3 固有値とその性質