★提携会社 書籍のご案内

book

『EXシリーズ』

kviewer

画像ワーピング技術とその応用
~美顔生成/顔形状解析/医用画像~


定価 ¥ 49,500(税込)
販売価格 ¥ 49,500(税込)
商品番号:dt0021
ISBN:


下記から目次項目単位を選択し、購入目次を設定願います。

■販売者:パテントテック社

■出版社:株式会社トリケップス
■資料体裁:B5判、120頁
■発刊日:2016年1月20日

数量
送料無料



 画像のワーピングは、とても強力に視覚効果を表現できるツールです。近年注目されているVR技術の中核技術である三次元の自由視点画像生成にも、ワーピング技術が広く使用されており、ワーピングは我々の日常生活に非常に身近な技術となっています。
 テレビや映画など多くの映像作品で見られるモーフィング(一対の画像の一方からもう一方へと、流動的に形状や色彩を変化させ、その中間画像を生成する技術)もワーピングの応用例の1つです。アミューズメント用途の他にも、統計解析における形状の正規化や柔軟物体の位置合わせなどにもワーピング技術が利用されています。
 本書では、ワーピング技術の基礎理論からモーフィングや美顔補正、三次元顔面形状解析、医用画像の非剛体位置合わせなどの応用までわかりやすく解説します。また、理解を深めるために各手法のMATLABサンプルプログラムも掲載します。学生から技術者まで幅広くご利用していただけます。

◆著者

陳 延偉(Yen-Wei CHEN)…第1章、第2章、第4章4.4項、第5章
    立命館大学 情報理工学部 メディア情報学科 教授(工学博士)
    【経歴】
     1985/03 神戸大学 工学部 卒業
     1990   大阪大学大学院 工学研究科 博士課程 修了
     1991   レーザー技術総合研究所 研究員
     1994/04~ 琉球大学 工学部 講師
     1995/04~ 琉球大学 工学部 助教授
     2003/04~ 琉球大学 工学部 教授
     2003   オークスフォード大学 客員研究員(国外)
     2004/04~ 立命館大学 情報理工学部 教授
     現在に至る
    【学会】
     IEEE/電子情報通信学会/日本医用画像工学会/電気学会

    【受賞】
     21st International Conference on Pattern Recognition (ICPR 2012)
     Best Scientific Paper Award 2012/11
     Asian Simulation Conference 2009 (JSST2009) Poster Award 2009/10
     日本医用画像工学会 論文賞(2014年)
     日本顔学会大会 大会長賞(2015年)
    
    【研究】
     医用画像処理と解析/画像アノテーションと検索/顔画像解析とBeatification/超解像技術
 
瀬尾昌孝(せおまさたか)…第3章、第4章4.1項、4.2項、4.3項 
    立命館大学 情報理工学部 講師(博士(工学))
    【経歴】
     2012/03 立命館大学大学院 理工学研究科 博士課程後期課程 修了
     2012/04~ 日本学術振興会 特別研究員(PD)
     2014/04~ 関西学院大学 理工学部 助手
     2015/04~ 立命館大学 情報理工学部 講師
     現在に至る

    【学会】
     電気学会/電子情報通信学会/日本顔学会/日本知能情報ファジィ学会 等

    【受賞】
     電気関係学会関西連合大会 研究奨励賞(2010年)
     日本顔学会大会 輿水賞(2013年)
     日本顔学会大会 大会長賞(2015年)

    【研究】
     顔画像処理とBeautification/知能システム/統計解析



第1章 序論

 第2章 線形変換と補間
   2.1 線形変換
    2.1.1 平行移動(Translation)
    2.1.2 回転(Rotation)
    2.1.3 拡大・縮小(Scale)
    2.1.4 Affine変換
   2.2 補間技術
    2.2.1 バイリニア補間法
    2.2.2 バイキュービック補間
    2.2.3 Lanczos-Sinc補間法

 第3章 ワーピング技術
   3.1 Piece-wise Affine 変換
   3.2 Thin Plate Spline
   3.3 Free-form B-spline

 第4章 応用
   4.1 モーフィング
   4.2 美顔生成
   4.3 三次元顔形状解析
   4.4 変形を考慮した医用画像の位置合わせと融合

 第5章 結論