★パテントマップ研究会での発表資料

book

〔パテントマップシリーズ〕

kviewer

パテントマップ研究会 成果発表(2015年4月13日)


定価 ¥ 7,560(税込)
販売価格 ¥ 7,560(税込)
商品番号:151030
ISBN: 978-4-86483-511-4

■発行所:パテントテック社

■編集監修者:インパテック株式会社
■資料体裁:A4判、178頁、簡易製本
■発刊日:2015年4月13日

数量
送料無料


■本誌の特徴等

はじめに

 研究会に参加された日本を代表する企業の知的財産担当者/研究開発者が
1年かけて研究した成果を発表する。これによってパテントマップEXZが
有効に活用できることを理解し、確認して頂き、技術開発、研究開発、
知財管理、経営戦略等の一助にすることを目的とする

I 成果発表

*秋葉原マップ研究会(通称:AM研)成果発表:
  テーマ「技術が成熟した領域における事業戦略とパテントマップ」


●発表内容
 ・技術やニーズが成熟した現在、技術先行型の事業戦略で成功できる分野は
  少なくなってきている。
 ・技術開発を中心に行い、工場に大型投資をして大失敗に終わる例が増えている。
 ・どのようなものを作って誰にどのようにして売るかというマーケティングと開発
  戦略を同時に考えることができなければ、事業の成功はおぼつかない。
 ・この研究会では、技術やニーズが成熟した領域で、どのように成功する技術
  戦略を立てるのか、そのためにパテントマップやマーケティング情報の分析を
  どう行うべきかを研究した。
 ・分析対象分野:炊飯器、洗濯機、スマートフォ


*知財イノベーション研究会(通称:イノ研)成果発表:
  テーマ「IH調理器 ~分析の流れをテンプレート化する研究~」


●発表内容
 ・知財イノベーション研究会では知的財産担当者が、研究者・開発部門に対し
  て知的財産の情報を提供する際に
 ① 知的財産担当者と研究者・開発部門とのギャップを埋めるマップや
 ② 研究者・開発部門が興味を持つ見やすいマップを
  あまり時間をかけずに作成できないか、分析の流れをテンプレート化する
  研究を行ってきた「IH調理器」をテーマに、研究成果を紹介する

II 基調講演(各成果発表前に実施)
  ・「開発者向けパテントマップ-第1回デザインレビューに基づく調査と分析-」



はじめに

I:開発者向けパテントマップ-第1回デザインレビューに基づく調査と分析-

 1.基調講演

  発表者 有賀 康裕(インパテック株式会社)

II:テーマ『技術が成熟した領域における事業戦略とパテントマップ』

 1.技術が成熟した領域において成功するための事業戦略について
    発表者 潮崎(アズビル株式会社)

 2.縦型洗濯機市場における日立の戦略分析
    発表者 石橋(東京応化工業株式会社)

 3.高級炊飯器市場とシャープの戦略分析
    発表者 小橋(ミヨシ油脂株式会社)

III:テーマ『IH調理器 ~分析の流れをテンプレート化する研究~』

 1.研究テーマの説明
 2.技術テーマの選定
 3.「一般情報」分析 ※1
 4.「競合他社」分析マクロ・ミクロ(ユーザー分類・論文)
 5.「開発テーマ探し」分析 ※ 2 マクロ・ミクロ(特許分類・ユーザー分類)
 6.「共同開発相手の選定」分析 ※ 2
    マクロ・ミクロ( ユーザー分類・論文他)特許リスト
 7.「グローバル」分析 マクロ・SDIウォッチング
 8.まとめ
 9.振り返り
10.ノウハウ集

※ 1 非特許情報による外部環境分析
※ 2 マクロ分析は「競合他社」分析と共通なので省略

----------------------------------------------------------------------------







FAXで申し込みの方はこちら